アトピーの悩みを解消する方法|免疫力を上げる栄養素を摂ろう

レディー

症状をサプリで抑える

スキンケア

ビオチン不足を補おう

アトピーを改善するには、肌本来の機能を高める作用を持つ成分をサプリメントなどで摂るようにすると効果があります。このような成分のひとつとしてビオチンが挙げられます。ビオチンは以前はビタミンHと呼ばれていたもので、皮膚炎の治療に用いられてきました。その後ビオチンはビタミンB群のひとつであることがわかり、ビタミンB7とも呼ばれています。ビオチンは通常、人の腸の中で腸内細菌によって生成されています。しかし腸内細菌の調子が良くないと不足することがあります。するとアトピーや手の湿疹・脂漏性皮膚炎などの各種の皮膚炎を引き起こす原因となるのです。アトピーの人は免疫力が低下しやすいことが多く、そのためビオチンが不足しがちになります。したがってサプリメントでビオチンを補うという対策法はこれからもアトピーの人の役に立っていくでしょう。

DHAやEPAも効果大

アトピーを改善するためのサプリメントとしては、DHAやEPAの入ったものも人気があります。DHAやEPAは脳の活動を活発にしたり、血液の流れをよくしたりすることで知られています。ですがそれだけでなく、DHAやEPAをはじめとするオメガ3系脂肪酸にはアトピーの症状を引き起こす物質を抑制する働きがあるのです。さらに、DHAやEPAにはビオチンの働きを促進させる作用もあります。そのため、ビオチンとともに摂取するとアトピー改善のためにいっそう効果的です。加えてEPAには肌を強く丈夫にする働きがあるので、アトピー症状を引き起こす刺激物質によるダメージを防ぐ効果もあります。このようにDHAやEPAにはアトピーやアレルギーを抑制・改善する優れた効果があるので人気が定着しています。