アトピーの悩みを解消する方法|免疫力を上げる栄養素を摂ろう

レディー

皮膚疾患とサプリメント

栄養剤

内側と外側からのケア

アトピー性皮膚炎は、アレルギー性疾患の一つで、世界中多くの方が悩まされている皮膚病です。赤ちゃんからお年寄りまで罹患している人は多く、特効薬がないため難治性の皮膚炎と考えられています。古くからアトピー性皮膚炎に使用されている外用薬にステロイド剤が挙げられます。ステロイド外用薬は、効き目の強さが細かくランク分けされており、症状に合わせて皮膚科で処方されます。ステロイド外用薬を使用すると、皮膚の炎症やかゆみを速やかに鎮静化させることができるため、多くの皮膚科で処方されています。近年では、身体の内側からの治療に注目が集まっており、腸内環境を整える整腸剤やビタミン剤を組み合わせた治療を行う皮膚科が増えています。今後もその傾向は続くと考えられています。

サプリメントの有効性

アトピー性皮膚炎の症状が発症した場合、外用薬で症状をコントロールするのが一般的と考えられていますが、症状を未然に防ぐことで外用薬の使用量を減らすことができるというメリットがあるため、ビタミン剤や整腸剤を用いた治療は皮膚科だけでなく、インターネットなどの口コミでも人気です。腸内環境を整えることで回復が見込まれる疾患はアトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギー疾患に多く見られるため、インターネット通販やドラッグストアでは腸内環境を整えるサプリメントが高い評価を受けています。又、ビオチンと呼ばれるビタミンの一種がアレルギー疾患に有効とされており、ビオチンとビタミンC、整腸剤を組み合わせたビオチン療法はアトピー性皮膚炎に有効と言われています。