アトピーの悩みを解消する方法|免疫力を上げる栄養素を摂ろう

笑う女性

麹が改善に役立ちます

顔を触る人

皮膚病として有名なアトピー性皮膚炎は、症状が悪化すると入院しないと行けない場合があるほど重症な病気です。最近では乳酸菌を摂取して、腸内環境を整えることでアトピー症状を緩和できるようになったと話題になっています。

Read More

皮膚疾患とサプリメント

栄養剤

アトピー性皮膚炎は、世界中多くの方が悩まされている皮膚疾患と考えられており、難治性の皮膚病と定義されています。治療はステロイド外用薬が使用されるのが一般的ですが、サプリメントを用いた治療もメリットが見込まれ、多くの皮膚科で用いられています。

Read More

症状をサプリで抑える

スキンケア

アトピーを改善するには、皮膚炎に効く成分や炎症を抑制する成分をサプリメントで摂るのがおすすめです。そうした成分としてビオチンやDHA・EPAなどがあります。これらの成分は一緒に摂ると相乗効果でいっそう優れた効き目が期待できます。

Read More

かゆみを伴う湿疹とは

腕を搔く女性

乳幼児から発症する疾患

アトピーは、正式にはアトピー性皮膚炎と呼ばれ、激しいかゆみを伴う皮膚疾患です。良くなったり悪くなったりを繰り返すことが特徴で遺伝で、アレルギーを起こしやすい体質の人がほとんどです。アトピーは、乳幼児に発症することが多く、2歳頃までには大部分の症状がおさまります。乳幼児は、乳児ニキビなど様々な湿疹が起きるので、アトピーも判断がつかない場合があるのでまとめて乳児湿疹と呼ばれます。乳児湿疹が2歳を過ぎても治らない場合はアトピーだと判断されるようになります。あせものような湿疹やじくじくとただれた状態になったり、そのあとゴワゴワした皮膚になったります。20歳頃までにはかなりの人が治りますが、一度治っても成人してから再発する場合もあります。

治療法とは

アトピーは、ステロイドの塗り薬が処方され、これを使うことで症状はおさまることが多いのですが根本的な治療とは言えません。ストロイドは、アトピーの症状を改善するだけでこの病気を完全に治療するものではないからですアトピーを改善するには、ステロイドを使わずサプリメントを利用する人もいます。その成分でいま人気なのが乳酸菌で、腸内環境を向上させアレルギーの発生に影響するヘルパー細胞のバランスを整えることで症状を抑えます。また、EPAやDHAもサプリメントでは人気で、これは青魚に多く含まれている成分ですが、体内でアレルギーを起こす物質の生成を抑えることに役立ちます。また亜鉛は、有害成分が体内に吸収されるのを防ぎます。